今すぐに60万円借りる.com【50万円〜100万円対応】

今すぐ60万円借りるには

今すぐに60万円借りたい!そんな時に役立つのはカードローンです。※50万円〜100万円対応

>> お金の借り方を更に詳しく見る...


今すぐ60万借りたいBEST3!

安心大手/銀行系グループ

プロミス
※通信状況により表示に時間が掛かる場合があります
融資利率 融資限度額 スピード
4.5%〜17.8% 500万円 最短1時間借入可能
【最短30分審査回答】

WEB申込で最短1時間融資可能

はじめてなら30日間無利息※1

土日祝日も借入可能※2

カードレス/郵送物なし設定でバレない

安心大手SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

※2 お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。


\!お急ぎの方は断然コレ!/

※通信状況により表示に時間が掛かる場合があります



アコム
※通信状況により表示に時間が掛かる場合があります
融資利率 融資限度額 スピード
3.0% 〜 18.0% 800万円 最短1時間融資可能
審査・回答
【最短30分】

14時までの書類提出で即日振込も可能

初めてなら最大30日間金利0円

スマホアプリで書類送付も簡単

三菱UFJファイナンシャルグループ

※通信状況により表示に時間が掛かる場合があります



アイフル
※通信状況により表示に時間が掛かる場合があります
融資利率 融資限度額 スピード
3.0%〜18.0% 800万円

来店不要でネット契約も可能

初めてなら最大30日間金利0円

ご利用可能か1秒診断

東証一部上場

※アイフルは銀行系グループではありません

※通信状況により表示に時間が掛かる場合があります



60万円借りれる【2大条件】

スピード重視 低金利重視
すぐにお金を借りたい!という方は、即日融資に定評のある大手カードローンをチョイス! 銀行でお金を借りたい!安心感がほしい!という方は銀行カードローンをチョイス!

カードローンの特徴

借入限度額の範囲内で提携コンビニATMから24時間いつでもお金を借りれるカードローンです。
ネットで24時間申込できるのも便利!返済もコンビニからOKと手軽で使い勝手が良いのが特徴です。

簡単3STEP!50万〜100万借入OK

今すぐに50万円借りたいときも、60万円借りたいときも、70万円〜100万円借りるときも、手続きは3STEPで完了です!

(1)スマホやパソコンから24時間365日インターネット申し込み
(2)審査&回答
(3)契約&ATMですぐ借入

銀行と消費者金融の比較

審査速度 金利 土日休日審査対応
▼ 銀 行
低金利
重視

普 通

低 め

会社による
▼ 消費者金融
スピード重視

早 め

高 め

ほぼOK

※こちらは業界全体のタイプ別一覧です。会社によって詳細が異なりますので、ご利用の際には個別にご確認下さい


60万円借入可能!会社一覧

休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
アイフル 3.0% 〜 18.0% 最大800
万円
★★★☆☆

お金を借りる前に

はじめて60万借りる方へ

契約内容を理解できましたか?無理なく確実な返済が可能ですか?
不安がある場合は1人で悩まずに早めに身近な人や、国民生活センター、クレジットカウンセリング協会等に相談しましょう。

今すぐにお金を借りる方法

今すぐ50万円借りたい!今日中に60万円が必要など即日融資したくなった場合にすぐ現金を引き出すには、事前にキャッシング機能が付いているクレジットカードに申込んでおくとお近くのATMなどでお金を引き出すことが可能です。 けれど、なかなか事前準備ができないまま急にお金が必要になるときってありますよね…。 事前に申込んでいないけれど、今すぐお金を借りたい!と思った時に重要になるのが、融資スピードです。
プロミス、アコム、アイフルなどの大手消費者金融カードローンは審査回答最短30分や最短1時間融資可能など、申し込んだ当日中にお金を借りれるのが特徴で、どうしても明日お金が必要というときでも安心して即日融資可能です。

消費者金融カードローンの特徴とは

1万円、5万円、10万円、20万円といった少額カードローンの場合も、70万円、80万円、90万円、100万円借りるといった少し大きめな金額の場合でも、今すぐにお金を借りたいときに頼りになるのが消費者金融カードローンです。 プロミス、アコム、アイフル、SMBCモビットなどテレビCMでもお馴染みの大手消費者金融は、銀行グループや東証一部上場企業なので、銀行系および大手企業ならではの安心感があり、さらに消費者金融の最大のメリットでもある即日融資が可能なので、安心して今すぐにお金を借りたい方には嬉しいお金の借り方です。 また、スマートフォンやパソコンやケータイから24時間365日いつでも申込可能で、振込キャッシング&振込返済や口座引き落としで原則来店不要で即日融資できるので、誰にもばれずにお金を借りることもできます。 最近では、自宅や職場への郵便物(郵送物)が届かず安心のカード不要のカードレスキャッシングや、申し込みから返済まですべてネット対応のWeb完結など、さまざまなサービスが充実しています。 無利息期間キャンペーンがある大手消費者金融で初めてお金を借りる方は、30日間金利0円でお金借りれるなど無利息キャッシングが可能となり、消費者金融でも低金利でお金を借りることができます。

大手消費者金融のメリットとは

・審査回答最短30分や最短1時間融資など即日融資が可能
・銀行審査に自信がない方に向いている
・初めて利用の方は30日間金利0円などの無利息期間がある
・利息は日割り計算なので必要な分だけ支払える
・収入証明書の提出が不要ですぐに手続きできる
・少額融資でもスマホアプリが充実
・レディースキャッシングなど女性向けサービスも充実している
・銀行カードローンのように口座開設が不要

消費者金融で50万借りるデメリット

・銀行カードローンと比べると金利が高い
・総量規制の対象のため借入可能金額に限りがある

今すぐに60万円借りる方法/70万円〜100万円借りる方法

カードローンで60万円〜100万円を借りる際には、50万円以下の金額を借りる時よりも提出する書類が1種類だけ多くなります。 書類の準備においてそれ以外の注意点はありませんが、貸金業者側の貸し倒れ予防の意味合いも含めて借入金額が50万円を超える場合には、審査面でじゃっかん厳しい目で見られる傾向にあります。そのため、「借入希望金額は、本当は50万円でも十分だけれど念のため少し多めに60万円借りておこう」といったスタンスの場合には、借入希望額は50万円以内に収めたほうが無難です。 また、審査に通って借入れ実績を積み上げていくことで、後々に追加融資や増額希望を出すことも可能なので、まずは審査に通すことを第一優先で対応しましょう!

60万円借りるときの必要書類

本人確認書類+収入証明書

銀行カードローンの場合には、銀行によって収入証明書の提出が必要な条件は異なりますが、総量規制の関係もあり消費者金融カードローンで60万円借りる際には、必ず収入証明書の提出を求められます。 最新の源泉徴収票や最新の確定申告書類となると手元になかったり用意するのに面倒な気もしますが、給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)でしたら、わりとすぐに用意しやすい書類かと思いますので、カードローンにお申し込みの際にはあらかじめ準備をしておきましょう。 また、70万円借りる、80万円借りる、90万円借りる、100万円借りる場合も同様となります。 たとえば、今すぐ80万必要な場合でも、本人確認書類+収入証明書だけでカードローン申し込みができ、さらに80万ローンの返済方法も同じなので、身構える必要はありません。


今すぐに50万円借りる方法

50万円借りる場合と60万円借りる場合、金額の差はさほどありませんが、提出する必要書類が変わってきます。 50万円を借りる際には、基本的に本人確認書類のみで問題ありませんが、50万円を超える際には、本人確認書類とあわせて収入証明書の提出が求められます。

50万円借りるときの必要書類

本人確認書類のみ

なお、消費者金融でお金を借りるなら、借入金額が50万円を超えない場合でも、収入証明書の提出が必要な場合がありますのでご注意ください。 他社借入金額と合わせて合計100万円を超える場合には、今回の新たな申し込みで50万円すぐに借りるために、あらかじめ収入証明書を準備して申し込みしましょう。


お金を借りるための必要書類

キャッシング業者からお金を借りる際には、必ず書類の提出を求められます。その提出書類は、借りい金額によって必要な書類が変わってきますので、チェックください。

金額の大小に関わらず提出する書類

本人確認書類
・運転免許証
・パスポート
・個人番号カード
・在留カード
・特別永住者証明書
・そのほか、住所、氏名、生年月日が記載されている顔写真つきの公的証明書類
・健康保険証+補足証明書1点

本人確認書類の補足資料
・住民票
・電気、ガス、水道、固定電話(携帯電話の領収書は不可)、NHKなどの公共料金の領収書のうちいずれか1つ
・納税証明書

※顔写真つきの証明書を所持していない場合や、証明書に記載の自宅住所と現在お住まいの自宅住所が異なる場合には、発行日から6ヶ月以内の補足書類(「お客様氏名」および「現在の住所」の両方が記載されているもの)の提出が必要です


50万円を超える金額を借入する際に提出を求められる場合が多い書類

収入証明証
・源泉徴収票(公的年金等の源泉徴収票および退職所得の源泉徴収票を除く)
・直近2ヶ月分の給与明細書
・住民税決定通知書(特別徴収税額の決定・変更通知書)
・納税通知書
・確定申告書
・青色申告決算書
・収支内訳書
・支払調書
・所得証明書
・年金証書
・年金通知書

消費者金融の収入証明書類提出条件とは

銀行カードローンでも借入希望金額によって各行異なる収入証明書の提出条件がありますが、消費者金融では総量規制の関係もあり収入証明書の提出について一律条件が定められています。 消費者金融の利用に際しては、借りすぎを予防するといった面で消費者の安全を守るために貸金業法でしっかりと規制されており、貸金業法改正により個人の方の借入総額が原則として年収などの3分の1までに制限されるといった総量規制の対象であるため、下記の借入金額条件によって収入証明書の提出が必須です。

収入証明書類の提出条件
・ご希望のお借入れ額が50万円を超える場合
・ご希望のお借入額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超える場合

総量規制とは

総量規制とは、原則として個人の借入総額が年収などの3分の1までに制限されるもので、カードローンやクレジットカードのキャッシング枠などが総量規制の対象となります。 (同じ個人が借入をする場合でも、事業用資金として借入する場合には原則として総量規制の対象にはなりません。 総量規制の対象となる消費者金融などでは、新規契約の際に50万円を超える借入限度額もしくは他の貸金業者を含めた借入総額が100万円を超える際には、収入の1/3を超えていないかの確認のため、本人確認書類と同時に収入証明書の提出を求められます。 審査に通る通らないは別の問題として、50万円借入したい場合には少なくとも150万円の収入が必要となり、60万円借入したい場合には少なくとも180万円の収入が必要となります。 100万円借りる場合には300万円の収入が必要です。

代表的な大手消費者金融のご紹介

大手消費者金融といってすぐに名前があがるのが、テレビCMや雑誌広告、インターネット広告などでおなじみのこちらの3社。大手消費者金融として利用者が多い最もたる理由は、融資速度の早さです。

いずれも、≪契約申し込み→審査→審査結果回答≫までの流れがスムーズで、“審査回答最短30分”と即時対応していますし最短1時間融資も可能です。
また、初めての利用で最大30日間金利0円の無利息期間があるなど利息もお得です! 「今日中にお金借りたい!」「今すぐお金借りたい!」という方にとっては非常に心強いキャッシング業者なので、「すぐにお金を借りたい!」「即日融資でお金を借りる方法が良い」という方は、こちらの3社をご検討いただくと良いかと思います。


SMBCコンシューマーファイナンスの【プロミス】

プロミスで初めてお金を借りる方は、メアド登録とWeb明細登録で30日間無利息キャンペーンが受けられるなど、お得なサービスが充実しているプロミス。
生年月日・年収・現在のお借入れ金額とたった3項目の入力で契約申し込み前に借入可能かどうかを診断できる“お借入シミュレーション”、女性専用ダイヤルの“レディースコール”もあり、初心者や女性に優しいキャッシングが魅力的です。

・30日間無利息キャンペーンあり
・審査回答最短30分&最短1時間融資
・プロミス×三井住友VISAプリペイドカードが利用できる
・プロミスカード会員限定優待サービスが充実「おとくらぶ」
・プロミスポイントサービスがあってお得
・カード発行不要でカードレスキャッシングが可能
・レディースキャッシングなど女性向けサービスが充実(レディースコール)
・公式スマホアプリが充実
>>プロミス詳細はコチラ

三菱UFJフィナンシャルグループの【アコム】

年齢・年収(総支給額)・カードローン他社お借入状況の入力だけで、契約申し込み前に借入可能かどうかをすぐに診断できる“3秒診断”、初めてお金を借りる方でも簡単に手続きができるよう動画などで詳しい説明が見られる“アコムナビ”、スマートフォン用アプリなど、インターネットでの契約手続きやサービスに力を入れているアコム。
ちなみに、アコムで30万借りた際の最低返済額は、借入利率18.00%で返済期間が5年以内・返済回数51回払いで月々9,000円と少額となりますが、返済期間や返済回数が多くなることもあり、返済総額は結果として高額となってしまうので、余裕ができた際にはどんどん返済していきましょう!

・30日間金利0円サービスキャンペーンあり
・審査回答最短30分&最短1時間融資
・楽天銀行に口座があれば24時間最短1分振込が利用できる
・振込キャッシングの手数料が無料
・はじめて借入するお客さまは振込実施時間を延長
・レディースキャッシングなど女性向けサービスが充実(女性専用ダイヤル)
・アコムのクレジットカードがある
・公式スマホアプリが充実
>>アコム詳細はコチラ

東証一部上場の【アイフル】

初回最大30日間利息0円サービスキャンペーンもありオトクに借入でき、申込前に融資可能かどうかの確認ができる1秒診断があるので、気軽にチェックできるアイフル。
カード発行不要でカードレスキャッシングが可能なので、ローンカードを持ち歩くわずらわしさもなく便利です。よくある質問だけではなく、独自サービスの会話ロボットに直接疑問点を質問できるので、即時に問題解決できます。

・最大30日間利息0円サービスキャンペーンあります
・審査回答最短30分&最短1時間融資
・融資可能かどうかの1秒診断がある
・カード発行不要でカードレスキャッシングが可能
・疑問点は会話ロボットの「ルフィア」に気軽に質問できる
・レディースキャッシングなど女性向けサービスが充実(レディースアイフル「SuLaLi」)
・公式スマホアプリが充実
・ローンカードのデザインがオシャレで綺麗
>>アイフル詳細はコチラ


金利について

カードローンの金利は、 3.0% 〜 18.0%といったように金利の設定自体に幅があります。 3.0%でお金借りるなら思ったより金利安い!と思われがちですが、こちらは借入限度額が上限近くまでいった場合の金利となりますので、はじめから低い金利でお金を借りれるわけではありません。 この場合、60万ローンの際の金利は、上限金利の18.0%となるでしょう。 できれば低金利で借りたいと思いますが、借入限度額が少ないとどうしても金利も高くなってしまうので、借入実績をつけて徐々に借入限度額をあげていくことで適用金利もどんどん低くなっていきます。 本当にお金が必要な場合は、金利は二の次になってしまいがちですが、お金を借りる限りはついてまわるものなので、しっかりと考えていきましょう。

カードローン申込方法

来店不要で24時間365日いつでもどこからでも申し込めるweb申込、申し込み前に疑問点を直接スタッフに相談できる店舗窓口(店頭窓口申し込み、対面でのやり取り不要の自動契約機(無人契約機、ローン申込機)申込など、カードローンの申し込み方法は選択肢が多く、お客様の希望に合った方法を選べるので便利です。

・来店不要で24時間いつでもOKのインターネット申込
・来店不要の電話申込み
・自動契約機、無人契約機、ローン契約機申込
・店頭窓口、店舗窓口申し込み
・郵送申し込み

カードローン申込条件

カードローンには申込条件があり、審査に通って契約を交わすことで利用可能となります。お申し込みの業者によって詳細条件は異なりますが、基本は下記となります。

・申込時点で年齢が満20歳以上65歳未満の方 ※上限年齢の設定は業者により異なります
・継続した定期収入がある方
・日本国内に居住している方

借入方法とは/お金の引き出し方法とは

・店舗、自動契約機、無人契約機内に備え付けのATMからお金を借りる
・提携ATMおよび提携コンビニATMで現金引き出し
・指定の銀行口座への振込キャッシングで借入

※土曜日、日曜日、祝日(祭日)などの休日には、一部の銀行を除いて基本的に即日振込キャッシングによる即日借入ができないのでご注意ください また、一部の指定銀行(三井住友銀行、ジャパンネット銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、楽天銀行など)では土曜日曜休日の振り込みキャッシングによる借入も可能ですが、事前に振込先の口座情報の登録が必要、本人名義口座のみなど条件があります。 平日夕方、平日夜間、土日祝祭日などの最短借入方法として、自動契約機・無人契約機・ローン契約機でローンカードを即日発行したうえで備え付けの店舗atmで引き出しか、24時間利用可能な提携コンビニATMでの借入が最速で便利です。


借りたお金の返済方法とは

カードローンの場合、返済方法が充実しているので、ご都合にあった便利な返済方法を選ぶことができます。

・指定口座への振込返済(インターネット返済)
・指定口座からの自動引き落とし返済
・店頭窓口、店舗窓口での返済
・ATMや提携ATMなどでの返済

公式スマホアプリで返済日通知メールを受け取る

返済日を忘れてしまわないように、公式サイトのスマホアプリや公式WEBサイトの会員サービスにて、返済日のお知らせメールの設定を行ってきましょう! あらかじめ、通知受け取りの設定をしておくと、返済日近くになったらお知らせメールが届くので、返済遅延を防ぐことができます。 また、万が一返済が滞った場合には、遅延利息や遅延損害金といったペナルティが課されてしまうので、十分に注意が必要です。 返済遅延、延滞などが悪質な場合には、信用情報に傷がつきブラックリストに載ってしまう場合もあるので、万が一、返済が厳しい場合には放置せずに、事前に必ずフリーダイヤルに電話をして、返済金額の減額などをオペレーターに相談しましょう。

60万円必要になったら 豆知識

急にお金が必要になった!そんなときに頼りになるのがキャッシングですよね。 では、今すぐに60万円借りるためには、何が必要でしょうか。
身分証明書?確かに、お金を借りる際には、必ず提出を求められます。

でも、そのほかにも50万円を超える金額を借入する時には、追加で書類の提出を求められるのをご存じでしょうか。 それが、『収入証明書』です。
ここでは、今日中に60万円借りたい!今すぐに六十万円借りたい!といったときに、スムーズに即日融資できる方法について、情報をまとめています。


カードローン以外のオススメの借入方法は?

親姉弟からお金を借りる
両親や兄妹からお金を借りると審査がないのがいちばんのメリットです。ただし、家族自体もあまりお金に余裕がないと借りれないのと、お金を借りる際になぜそのお金が必要なのか?お金を借りる理由を問われる可能性があるので、お金を借りる言い訳を考えておかなければいけないのがネックです。 それでも、本当にお金が必要なんだと真剣に訴えれば聞き入れてもらえる可能性が高いので、お金を借りる最終手段として考えておくと精神的に余裕ができて良いかもしれません。

クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる
すでにお手元にキャッシング機能付きのクレジットカードを持っている方は、クレカキャッシングが便利です。 クレジットカードの基本機能はショッピング機能となりますが、多くのクレジットカードには付帯機能としてキャッシング機能がついており、キャッシング枠の範囲内でお金を借りることができます。 ショッピング枠とキャッシング枠を合算した利用限度額の範囲内でのキャッシング利用となるので、利用可能額はあまり大きくありませんが、ちょっとした借入には適しています。

カードローン以外のオススメできない借入方法は?

闇金融業者(ヤミ金、闇金)からの借入
無職の方がお金を借りる場合や、審査に通らない方がお金を借りるときに飛びついてしまいがちなのが、闇金融業者…通称ヤミ金(闇金)です。 闇金は、違法性が高く、貸金業法で定められた法定金利を大きく上回る金利を設定し、高金利で貸し付けてきたり、高金利が故に返済できずにいると、職場や自宅にしつこく電話をかけてきたり、直接押しかけてきて無理な取り立てをしたり…といったトラブルに巻き込まれる可能性があります。 テレビCMなどでもお馴染みの過払い金が発生する事態となることも考えられますが、いざそういう状況となって弁護士に相談するにも、相談料がかかったり…とお金も手間もかかってしまうので、そもそも論として闇金融業者からのお金の借入は絶対にしないことです。

個人間融資掲示板からお金を借りる
最近、巷で話題となっているのが、個人間融資掲示板です。 個人間融資掲示板と言っても、必ずしもWebサイト上の掲示板形式や個人融資サイト形式なわけではなく、ブログ形式やツイッターなど、さまざまな形態で存在しています。 こちらの個人間融資掲示板は、表面上はお金を借りたい個人の方と、お金を貸したい個人の方のあいだでの個人間取引となりますが、やっぱりヤミ金だった!騙された!といった声が後を絶ちません。 思わぬトラブルに巻き込まれたり犯罪性も高いので、不用意な利用は控えたほうが良いでしょう。 (なかには、お金持ちの人お金くださいといったような、ふざけた書き込みなど、茶化した内容のものもありますが、いろいろな投稿の中に騙しの手口が隠れていたりするので、気をつけましょう!)

友人知人からお金を借りる
友達や知り合いからお金を借りる方法であれば、身近で手軽だから良いかと思われがちですが、そういった身近にいる他人だからこそ、注意が必要です。 関係性の深い友だちに、1万円借りたい、3万円借りたいといった少額借入でなおかつ短期借入であれば、借入前にしっかりと条件や返済日を伝えたうえで相談するのもありですが、さほど深くない関係の友人知人に借金の相談をした時点で、断られた上に気まずい雰囲気になる…あるいはたとえお金を借りれたとしても人間関係が壊れてしまう可能性もあります。 できるだけ、友達や知り合いからお金を借りるのは避けたほうが良さそうです。