クレジットカード利用法

クレジットカード利用法

 

法人や役員の個人名義で利用できる法人カードの種類いろいろ

法人カードには、いくつかの種類があります。
それぞれに、得意分野がありますから、それぞれの強みをよく理解して、自社にとって良いカードを選んでください。
法人が法人名義で作ることのできるカードのことを法人カードといいます。
一般的には、業歴が3年以上あり、黒字決算を2年以上続けている法人を対象として、発行されるカードのことです。
もちろん、これは一般的な条件であり、もっと業歴の浅い法人であっても、持つことのできるものもあります。
なかには1年未満で作られたというかたもあり、特典は他のカードと遜色がないというのですから、作っておけば何かと便利でお得です。
個人事業主や役員が本人名義で作ることができるカードがビジネスカードで、法人口座を支払いのための口座として届け出ることができます。
経費の管理やお得な特典など、利用するメリットは多いのではないでしょうか。
出張する時など、法人カードを役員に持たせておけば、出張管理費を厳格に管理することもできます。
法人向け石油系カードなら、多くの営業車を利用している企業にピッタリです。
ガソリンの支払いをカードですれば、ガソリン代の把握が容易になりますし、コストの管理にも役立つのではないでしょうか。
他にも、オフィスや事務所で利用する日用品などの決済には、コーポレートカードが便利です。
日常業務の決済を、コーポレートカードですれば、経費の管理に役立てることができます。
企業で働く従業員のための福利厚生カードは、福利厚生を手厚くしたいという時におすすめです。
このようなカードを使いこなすことができれば、経費削減も容易にできるでしょう。

 

クレジットカード利用法エントリー一覧

安定した収入のある方は、ほとんどの方が一枚は、クレジットカードを保有しています。お店で買い物をしたり、インターネット通販...

≫続きを読む

契約をしたことがある方ならばすぐに気づかれるかと思いますが、1つのカードを契約するときには、必ず海外の会社のどんなものを...

≫続きを読む

クレジットカードの支払い方法には、一括払い、分割払い、リボ払いがあります。一括払いというのは買い物やサービス利用で支払う...

≫続きを読む

今はどこのお店に行ってもクレジットカードがあります。大型店になってくると、ないお店が珍しい程、今では浸透しておりますよね...

≫続きを読む