担保とは

担保とは借りたものの代わりに提供するもの

高額な金額を借り入れする時、担保を要求される場合があります。 担保とは、借りたお金の保証として、債務者が債権者に提供するもののことです。 つまり、借りたお金を返済できなかった時でも、そのお金に見合う物が債権者の手元にあれば、債権者が損をすることはありません。
借りたお金をしっかり返済すれば、自分の物に戻ります。 つまり、債権者は、お金が返済されても、提供された物を自分の物にしたとしても、どちらの場合でも損をすることはないわけです。 債権者が損をしないために設定されます。
債務者に返済能力があり、そんなものを設定しなくても大丈夫な時は、債権者に担保を要求されることはまずないでしょう。 要求されるということは、債務者の返済能力に疑問符がつく時だけです。 もちろん、すべての場合においてそうだとは言い切れませんが、債務者に十分返済能力があれば、そんな面倒なことをしなくてもいいのではないでしょうか。
ただ債権者は、貸したお金が返済されなかった時のために、価値が同等なものを押さえておくことで安心してお金を貸すことができます。 大きな金額を借りるケースでは、よくそういうことが行われるようです。 それに、保証する物を設定しておけば、低金利でお金を借りることが容易にできます。
保証する物は、なにも建物や不動産などとは限りません。 連帯保証人など、人が保証するものとして設定されるケースもあります。 この場合は、物ではなく人間が債務の保証として提供されるわけです。

関連ページ

バンクイックとは
バンクイックとは