債務不履行とは

債務不履行には要注意

両者で決めたルールにそって色々と行うことができれば、それは別に問題には発展しません。 しかしお金を借りる契約をした場合、債務の履行が行われなかった場合、それを民法上では債務不履行と呼びます。
例えばキャッシングの場合であれば、返すべき日までにしっかりと返済しないことになるのです。 ただ不履行とは言っても、実は1種類ではありません。
簡単に言えば「遅れてしまう事(遅延)」「完璧にできない事(不能)」「中途半端(不完全)」という事になります。 従って、債権者の方はそれぞれの場合に関して様々な対応をする事が出来るのです。 例えば損害賠償を請求するとか、契約の解除をする、不完全な物を補うという感じになります。
ただ債務者の状態によっては債権者が求める事が出来ないことも少なくありません。 そういう時は、定められた型に当てはまっている場合、また債務者に落ち度があると認められた場合は債権者の方は契約の解除をする事も可能です。
しかしその型に当てはまっていない感じがする、債務者に落ち度があると証明できないときなどは、現行の法律では債権者の方が契約解除をする事が出来ません。 従って、債権者の方は何もできない宙ぶらりんな状態になってしまうこともあります。
キャッシングは確かにお金を借りる事ですが、そこには契約関係が成り立っています。 債務不履行になる場合、相手に非常に迷惑が掛かってしまう為、そうならないようにするためにもしっかりと計画的にお金を借りて返済するのが重要です。

関連ページ

マイカーローンを利用したい方の審査基準を知りたい
マイカーローンを利用したい方の審査基準を知りたい
アコムからお金を借りる方法とは
アコムでのお金の借り方を覚えてピンチに備えておきましょう!アコムでのお金の借り方とは?